ベイスターズを感じる

ベイスターズについて感じたままを書いています。

第二先発の失敗例 6月4日対ロッテ第1戦

今回は、前回に続いて第二先発について書きたいと思います。

feelbaystar.hatenablog.jp

 

前回のおさらいをすると、石田、国吉の両投手が第二先発として相手の勢いを止め、先発が崩れた試合でも勝ちを拾えることができている、

そしてこの第二先発が、ベイスターズの投手起用のキーになっているということを書きました。

 

 

前回は第二先発の成功例のみ取り上げましたが、昨日の試合で第二先発の失敗例が見られたので、それをまとめたいと思います。

 

news.yahoo.co.jp

 

昨日のベイスターズの先発は、京山投手でした。

3回を投げて5失点と、試合を作ることができませんでした。

 

しかし、打線の奮起で3回終了時点で5対5の同点となり、

そこで第二先発の国吉の投入です。

 

国吉選手は1イニング目を無失点で抑え、2イニング目へ向かいます。

早めの中継ぎ投入と回マタギで、昨日は国吉選手が第二先発と考えることができると思います。

 

ただ、この日の国吉選手は2イニング目に捕まり2失点。

相手の勢いを止めることができませんでした。

 

その後、砂田→石田→平田→三上とつなぎ、

相手の勢いを止めることができなかったベイスターズは、その後も打ち込まれ、11失点をして負けました。

第二先発が相手の勢いを止めることができず、その後に出てくる中継ぎも多くの点を取られてしまう、これは第二先発の失敗例と言えると思います。

 

 

しかし一方で、ダメージが少なかった負けとも言えると思います。

 

昨日登板した勝ちパターンの選手は砂田選手のみで、多くの勝ちパターンの選手を休ませることができました。

第二先発が相手の勢いを止めることができず敗色濃厚になってしまっても、それはそれで勝ちパターンの投手を休ませることができる

これも第二先発の良い面であると思います。

 

先発が崩れても、第二先発を投入することで相手の勢いを止めることができれば、勝ちを拾える可能性があり、

また第二先発が相手の勢いを止めることができなくても、勝ちパターンの選手を休ませることができればダメージの少ない負けで終わる

 

第二先発は、勝ちを拾えるリターンがあり、負けのダメージを最小限にするというリスクが低い采配とも言えると思います。

 

 

しかし、第二先発の投手や、ビハインド担当の投手の疲労が少しネックな采配でもあると思います。

ただ第二先発の投手や、ビハインド担当の投手であれば、勝ちパターンの選手に比べて2軍との入れ替えが選手の能力的に容易であると思うので、

第二先発の投手や、ビハインド担当の投手の2軍の選手との入れ替えを定期的に行っても良いのかなと思います。

 

2軍には伊勢選手や武藤選手など、去年の主力選手がまだいて、また三浦監督は先発調整していた投手を1軍の中継ぎとして上げる傾向もあると思うので、

上茶谷選手や、昨日先発登板した京山選手なども入れ替えの候補として十分可能性があると思います。

 

 

投手起用のキーとなっている第二先発。

この第二先発が最近かなり機能していると思っていて、これからも無理のない範囲で続けていくべきだと思います。

第二先発の投手や、ビハインド担当の投手でも疲労軽減のため2軍との入れ替えを行っていくことができれば、

シーズンを通した作戦として機能していくのかなと思います。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

第二先発がキーになっている、三浦ベイスターズに残るラミレスの意志

今回は投手について書きたいと思います。

 

三浦ベイスターズの采配で目に付くことが、中継ぎ偏重の投手起用。

 

先発に長い回を投げて欲しいという三浦監督の理想とは相反する采配で、自らの理想をただ采配に転化しているだけの監督ではないということが言えると思います。

 

先発の能力不足のためこのような采配になっている側面もあると思いますが、

中継ぎ偏重の采配の中で特に特徴的なことが第二先発を採用している節があることだと思います。

 

 

三浦監督の采配を見ていて、先発が早い回で相手打線に捕まると、スパッと中継ぎを投入し、その中継ぎを回マタギさせるという場面が多いように思います。

 

早い回での中継ぎ投入、そしてその中継ぎを回マタギさせる、これは第二先発と考えても良いと思います。 

 

第二先発として投入された中継ぎが相手打線の勢いを止め、味方打線が得点を入れて逆転をすると、勝ちパターンのエスコバー、砂田、山崎康晃、三嶋に繋いでいく流れがあって、

この采配でかなり勝ちを拾えていると思います。

 

もし第二先発の投入が失敗して大差がついても、そのあとは勝ちパターンの選手を温存するだけで良いので、リスクは少ない采配になっていると思います。

また逆に負け試合を拾える可能性ができてリターンが大きい采配のようにも思えます。

 

 

第二先発を主に担当している選手は、石田、国吉の両選手。

中川が中継ぎ待機の時は、中川も第二先発のような使われ方をしていましたが、基本的にはこの2選手だと思います。

 

石田、国吉両選手は、先発から中継ぎ、そして勝ちパターン経験者と、経験豊富で投手起用のキーとなっている第二先発を任せるには申し分のない選手だと思います。

第二先発にも左右にバリエーションができていて、柔軟な投手起用ができるように思います。

 

 

実際にこの第二先発が機能した例を見ていくと、この1週間だけでも、

 

news.yahoo.co.jp

この例や、

 

www.sanspo.com

この例、

 

news.yahoo.co.jp

そして先日のソフトバンク第1戦では、5回から平田1イニング→国吉2イニング→三上1イニング→三嶋1イニングと繋ぎ、打線の援護も相まって勝利を掴むことができました。

三嶋選手以外の勝ちパターンを使わずに勝利することができていて、完全なるベストゲームだったと思います。

 

こういう試合がこれからよく見れるようになると、いよいよベイスターズも浮上してくるのかなと思ってしまいます。

 

 

早い回から投げる中継ぎを敗戦処理ではなく、相手の流れを止める第二先発として捉えているところが味噌だと思います。

 

前任のラミレス監督も、ビハインド担当の投手を敗戦処理ではなく、相手の勢いを止める投手として捉えていましたが、

そのラミレス監督の考え方や意志が三浦ベイスターズにもしっかり残っているではないか、そう思っています。

 

ラミレス政権の核だった木塚コーチの影響もあると思いますが、

コーチ陣の刷新を求めるファンの声が大きい中で、ラミレス政権で核となったコーチが残ったことによる良い影響というのが少し見えてきたのかなと思います。

 

 

最後にまとめをしたいと思いますが、

先発が長い回を投げて勝ちパターンにつなぐことは大前提、

なのですが先発の調子が悪かった時の策が第二先発という位置づけになるのかなと思います。

 

先発陣の調子が良くないチーム状況の中で第二先発はキーになっていくと思います。

石田、国吉両選手がチームを勝利に導くことを期待しています。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

桑原への懲罰は個人的には大反対、しかし神里抹消で状況が変わってきたベイスターズのセンター事情

今回は、桑原選手への懲罰について書きたいと思います。

 

ほぼ1週間前の出来事で、「今さら?」と思う人もいると思いますが、

1週間越しでもどうしても書きたいので書かせて欲しいと思います。

 

www.sponichi.co.jp

 

先日の5月26日、センター桑原の3点タイムリーエラーがあり、その懲罰として桑原選手は交代となりました。

 

その後、センターのスタメンは今日までに神里3試合、関根1試合、桑原2試合。

 

桑原将志

打率.269 本塁打3 打点12 出.312 長.394 OPS.706 (6/1終了時点)

 

以上が桑原選手の今年の成績なのですが、

代替選手の神里のOPSが.512、関根のOPSが.561(6/1終了時)ということを考えると、この采配はいかがだったのかと思ってしまいます。

 

たしかに5月26日の試合は桑原のタイムリーエラーで負けたと言っても過言ではないと思いますが、

それを理由に外してそれから先の試合で1番が機能せず勝てない試合があっては本末転倒だと思います。

 

例えば、代替選手がもっと打てる選手であれば桑原外しも良いと思いますが、他が打てていない現状を考えると、どれだけ酷いプレーがあったとしても桑原を信じて任せるしかなかったのかなと思います。

 

三浦監督によるこの懲罰はかなり感情的なもので、どうなんだろう?と思ってしまいます。

 

 

そして、より重要なことは桑原のこれからのモチベーションに影響しないかということです。

 

桑原からすれば、ここまでのシーズンで自分がチームに貢献してきたことは意味がなかったことなの?となって、

モチベーションを大きく落として、さらに成績を落としてもおかしくはなかったと思います。

 

成績低下でレギュラーが剥奪されたということではないことが味噌だと思います。

 

 

桑原懲罰は、桑原を外して負ける試合が増えることと、桑原のモチベーションが下がって桑原自身の成績が落ち込んでしまうという、リスクが高い采配だったと思います。

 

 

しかし、今日の神里選手の抹消で状況が一転します。

 

news.yahoo.co.jp

 

神里選手は、ルーキーイヤーから3年連続OPS.700以上を記録した好打者で、今年の成績は神里選手のこれまでを考えるとありえない成績でした。

 

だからこそチームの伸びしろとして1つ神里選手の復調があったと思うのですが、桑原懲罰で思いがけずチャンスが巡ってきた中で故障してしまうというのは、

チームの浮上を考えても、神里選手個人を考えても、非常に苦しい結果になってしまったと思います。

 

しかし桑原選手にとっては別の話です。

桑原選手にとっては、レギュラーを奪回するチャンスが巡ってきたと言えるでしょう。

 

今日の試合では、マルチ安打に好守備と、桑原選手のモチベーションの高さを感じるプレーが多く見られました。

 

桑原のモチベーションは落ちていない。

 

これからまたセンターが桑原メインとなることを考えると、チームの安定もかなり進むのではないかと思います。

 

桑原の代替選手の活躍をただ待つような時間はチームにはもうないような気がしていて、

桑原がよほど成績低下しない限り桑原選手にセンターは任せるべきだと思います。

 

 

桑原返り咲きによるチームへの良い影響、成績面でもチームが安定するという面でもあると思います。

 

交流戦に入り、良いチーム状況の中でまたベイスターズがさらにノリに乗っていくことを期待しています。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ゾーンで勝負する伊藤光と若月の配球は表裏一体

今日の試合、BS-NHKで試合を見ていたのですが、解説の藤川球児さんの解説に納得することが多かったです。

 

藤川さんの解説で特に気になったことは、配球。

 

オリックスの若月選手の配球についてかなり指摘していて、面白いなと感じました。

 

若月選手の配球で特徴的だったのは、ストライクゾーンで勝負すること。

先発の山岡選手が投げていた際、ボール先行になると簡単にストライクを取りにいき、そこを痛打されていました。

 

藤川さんが指摘していた通り、

若月選手のリードは、高さやコース関係なく、とりあえずストライクゾーンで勝負するという形で、

甘い高さ、コースに入ってきた球をしっかりとベイスターズの各打者が捉えることができていました。

 

この若月選手のリードが如実に表れているのが、今日の山岡選手の成績。

4回65球7被安打4奪三振四死球5失点

 

4回で65球というのは、5失点をしたことを考えるとかなり少なく、若月選手のリードが表れているところだと思います。

 

 

一方、伊藤光選手の配球もストライクゾーン中心の配球

ピープルズの4回までの投球数は55球。

 

無失点ということを考えると妥当な投球数にも思えますが、

ベイスターズの今シーズンのこれまでを考えると少ない投球数でまとめることができた数少ない例なのかなと思います。

 

ピープルズ選手の投球を見てみると、どんどんストライクを取りにいき、ストライクを取れば取るほど相手が苦しいバッティングになっているなと感じました。

 

ストライク先行でいくことで打者のバッティングを窮屈なものにすることが、ストライクゾーンで勝負する配球の長所だと思うのですが、

今日の伊藤光選手はそれができていたのかなと思います。

 

後半、ピープルズ選手との配球が打者の空振りを誘うようなボールゾーンも駆使したものになり始めて、上手く打者を翻弄していましたが、

基本はストライクゾーン中心の配球だったと思います。

 

 

これらのことを考えると、伊藤光選手のリードが若月選手のリードを勝っているのかなとも思えるのですが、

ただ伊藤光選手も今日の若月選手のような状況に陥ってもおかしくはなかったと思います。

 

ストライクゾーンで勝負するリードの性だと思うのですが、ストライクゾーンで勝負すると打者は高い確率で当ててくるので、打者のスイングに負けない投手側の球威が必要になると思います。

またこのリードの場合、投手側が狙い通りストライクを投げることができることも必要になってくると思います。

 

投手側の球威とある程度のコントロールがあるかに左右されがちな配球だと思います。

 

今日に関して当てはめると、ピープルズ選手は球威とストライクを狙って取れる程度のコントロールがあったし、山岡選手は今日は必要なレベルの球威やコントロールがなかったというだけなのかなと思います。

 

今日の結果は、伊藤光選手と若月選手のどちらが良いリードかではなく、かなり投手側の能力に依存した結果だったのかなと思います。

 

伊藤光選手のリードも若月選手のリードも、投手の能力に依存したリードという面では同じ。

 

伊藤光と若月のリードは表裏一体。

 

今日は伊藤光選手のリードが良く見えても明日はどうなるか分からない。

 

このような感じなのかなと思います。

 

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

伊藤光の省エネ配球

今日の試合、濱口投手が良い投球をしたと思います。

7回94球3被安打3奪三振2四球1失点。

 

7イニングを94球でまとめ、省エネな投球が印象的だったと思います。

 

ここまでの省エネ投球は、濱口にしては珍しいのかなと思います。

この省エネ投球ができた原因は、伊藤光のリードにあると思います。

 

伊藤光選手のリードを見てみると、打者との勝負を早め早めに行っている印象があります。

打者に勝負を強要する。

ストライクゾーンにどんどん投げさせるので、打者は勝負をせざるを得ない。

勝負の結果、打たれることもあるが、投手の球が勝てば省エネ投球ができる。

 

これが伊藤光のリードの根幹にあるものだと思います。

 

このリードは、三浦監督が考える先発投手に長い回を投げさせる投手起用を実現させうるものだと思います。

三浦監督が目指す像に近いことを、このリードで実現できるように思います。

 

 

戸柱選手や嶺井選手のリードだと、省エネ投球を目指しにくいところがあると思います。

両選手のリードは、どちらかというと、見せ球を使って相手の狙いを探って、それを元に勝負をしていくスタイルだと思います。

だから釣り球も多用するし、落ちる変化球を多用して、相手の反応を見て、相手の狙いを探っていく。

 

このリードでも、打者を抑えるという面では機能すると思いますが、こと先発に完投を目指させるのであれば、向かないリードだなと感じます。

チームの方針には向かないリードだと思います。

 

 

開幕直後から投手陣が崩壊気味ですが、この原因はリードが大きいと思います。

先発に長い回を投げさせようというチーム方針と、キャッチャー陣のリードの乖離。

 

伊藤光の復帰によってチームの方針と、選手のプレーがより一体になれるように思います。

伊藤光選手は、打撃面での期待も大きいですが、リード面の期待もかなり持っても良いのではないかと思います。

 

伊藤光のリードは打者とのガチンコ勝負な面があって、投手の能力に依存するところがあるので、もしかしたら炎上続きになってしまう可能性はありますが、

チーム方針と選手のプレーが一体になることによる良い効果は期待できると思います。

 

伊藤光の復帰はリード面でもポジティブに捉えられると思います。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

野手陣のレベルが2年前以前に戻ったので、2番強打者・8番投手を採用してみるべき

今回は、2番強打者・8番投手に戻すのも1つの手なのではないかということを書きたいと思います。

 

そのことを示すために、ラミレス監督時代から今を通じて、打線がどのような状況だったのかを見ていきたいと思います。

ラミレス監督時代、ある時期までは2番強打者・8番投手が機能していたのですが、それがいつの時か機能しなくなってしまった、

そして今年また2番強打者・8番投手が機能する状況になっているということを書きたいと思います。

 

 

ここから、打線を簡略化して示したいと思います。

また、参考としてこのブログの過去の投稿も見ていただければと思います。

feelbaystar.hatenablog.jp

 

ラミレス監督時代、2番強打者・8番投手が機能していた時期があるのですが、その時の打線の構図を簡略化して書くと、

(2年前以前)

1番 打力:

2番 打力:

3番 打力:

4番 打力:

5番 打力:

6番 打力:

7番 打力:

8番 投手

9番 打力:

となります。

 

この時期は、上位を打つ筒香、ロペス、宮崎、ソトといった主力以外の選手はほとんど打力で期待できず、打席が多く回る上位を強打者で固める戦法を取っていました。

 

また、9番野手も功を奏し、9~1番が連打でチャンスを作ることができると、2番、3番に入っているソトやロペスが一発を打ち大量得点をあげていました。

 

ソトやロペスを2,3番に入れ、その後ろに強打者を続けることで、ソトやロペスにストライク勝負をさせ、それにソトとロペスがパワーで応じホームランを量産していました。

 

この戦法はある一定の時期まで機能していて、得点を量産していたのですが、

去年、それがついに機能しなくなり、得点効率がかなり悪くなってしまっていました。

 

なぜ得点効率が悪くなっていたのか、それは主力以外にも良い打者が揃うようになったからだと思っています。

 

去年だと、

(去年)

1番 打力:(梶谷)

2番 打力:

3番 打力:

4番 打力:

5番 打力:

6番 打力:

7番 打力:

8番 投手

9番 打力:

 

このような状態になっていて、せっかく下位打線にも良い打者が揃っているのに、8番投手が打線を分断する形となっていて、下位打線のポテンシャルを活かせていなかったように思います。

ちなみに下位打線には、大和、柴田、ロペス、倉本と、OPS.700以上、またはそれに準ずる選手が並んでいました。

そしてかつ上位にはOPS.800以上の選手が並ぶ。

 

去年までの野手の状況であるのであれば、2番強打者・8番投手を薦めることはできないですが、

今年は野手陣に不調の選手が多く、状況がかなり変わってきています。

 

今の状況は、

(今年)

1番 打力:(桑原)

2番 打力:(大和/田中俊太)

3番 打力:(オースティン)

4番 打力:(佐野)

5番 打力:(ソト)

6番 打力:(牧)

7番 打力:(宮崎)

8番 打力:(嶺井)

9番 投手

なのではないかと思います。

 

これを見てみると、

野手陣のレベル・状況が限りなく2年前以前に戻ってきているように感じます。

2年前以前の2番強打者・8番投手が機能していた野手の状況に戻ってきているのではないかと思っています。

 

それであるのなら、2番強打者・8番投手を試してみては?と思います。

 

例えば

1番 打力:(桑原)

2番 打力:(ソト)

3番 打力:(オースティン)

4番 打力:(佐野)

5番 打力:(牧)

6番 打力:(宮崎)

7番 打力:(嶺井)

8番 投手

9番 打力:(大和/田中俊太)

 

2,3番にホームランバッターを置くことは、2年前以前の形を踏襲したもので、

出塁率が高い佐野や牧を2番に置いても良いのかなと思います。

 

2番強打者・8番投手を取り入れると、スモールベースボールが鳴りを潜める可能性もありますが、

2番強打者・8番投手が機能する状況になりつつあるので、そちらにシフトするのも手段の1つなのではないかと思います。

 

 

今の打線も1点を取りにいく上位打線と、連打・長打で複数得点を狙う下位打線で面白い打線なのかなと思うのですが、

打線の更なる活性化を考えると2番強打者・8番投手もアリなのかなと思います。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

倉本故障であれば森昇格か、森昇格ならばスタメンでの起用を

今日の試合で、倉本選手が一塁にヘッドスライディングをし、負傷交代しました。

 

news.yahoo.co.jp

 

今後の出場は状態を見て決めるということですが、登録抹消の可能性は否めません。

 

もし倉本抹消となれば、入れ替わりで昇格する筆頭は森選手になると思います。

 

ファームでの成績は、

打率.284 本塁打1 打点14 出塁率.327 長打率.343 OPS.670

 

成績を見る限り、昇格は時期尚早な気がしていて、チーム事情を考えれば致し方ないところはあると思いますが、できれば避けた方が良いのかなと思います。

 

森選手より二軍成績が悪かった知野選手が昇格したところを見ると、森選手は2軍で大きな選手に育てようという球団の意志があるなと感じれますし、ここで昇格となると球団としては予定が崩れた感が否めないと思います。

 

柴田の代わりになぜ知野が昇格したのか、それはショートを守れる選手をベンチに置きたかったからだと思います。

二軍でショートを守れる選手というと、森か知野。

単純に2軍成績だけを見ると森昇格になったと思いますが、球団は森選手を2軍で大きく育てるという決断をし、知野の昇格を選んだということだと思います。

 

それだけの決断をしたにも関わらず、結局は森昇格となってしまったのは、予定崩れてしまったかなと思います。

 

 

もし森昇格であるならば、スタメンでの起用が良いのかなと思います。

なぜ球団がファームに森を残したかというと、森に出場機会を与えたかったからだと思うのですが、であるならば1軍で出場機会を与える方向にシフトしていくのも手なのかなと思います。

その結果チームの負けが込む可能性もありますが、未来への投資として考えればそれも良しかもしれません。

 

 

ただしかし、森昇格もありそうでもしかしたらないかもしれないとも思っていて、

なぜならショート田中俊太の存在があるからです。

 

ショート田中俊太の影響で、ショート候補が1人多い状態になっていたので、ショート候補の倉本がケガをしても、同じショートの選手を2軍から上げなくても良くなっているのではと思います。

 

ショート候補:柴田、大和、倉本(3人)

↓ 柴田ケガ、知野昇格

ショート候補:大和、倉本、知野(3人)

↓ ショート田中俊太登場

ショート候補:大和、倉本、知野、田中俊太(4人)

↓ 倉本ケガ

ショート候補:大和、知野、田中俊太(3人)

 

田中俊太が本当にショートを守れるのであれば、球団の方針を変えてまでも森を昇格させることもないのかなと考えていて、

倉本を代打要員と仮定して、代打要員ができて、かつ内野を守れる選手が昇格候補と考えると、伊藤裕季也や中井も昇格候補なのかなと思います。

 

 

柴田、倉本と離脱してショートを中心に厳しい状態となりましたが、チーム一丸で頑張って欲しいですね。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村