ベイスターズを感じる

ベイスターズについて感じたままを書いています。

高城の代わりがなぜ戸柱なのか

高城選手が二軍に降格し、戸柱選手が昇格するらしいという知らせがありました。

 

高城選手は4月に1軍昇格以降、ほぼ試合出場なくベンチにいた状況で、それでもチームが回っていた状況だったと思います。

 

最近でもスタメンは伊藤光か山本、途中出場も両者のうちスタメンで出てなかった方が出るという状況で、そもそも第三捕手が必要だったの?というような状況でした。

 

 

そんな中での高城選手の二軍降格。

これはしょうがない面があるのかなと思います。

ベンチにずっといては試合勘も薄れてくるでしょうし、高城選手にとっても再調整ということは必要だったと思います。

 

 

しかし問題は昇格相手にあります

昇格した選手は戸柱選手で、キャッチャーの昇格

 

第三捕手がいらない状況でのキャッチャーの昇格には違和感を覚えるところもあると思います。

普通であれば、キャッチャーを2人にして、投手を補充したり、他の野手を補充しても良いと思うのですが、そこでキャッチャーが昇格してきました。

 

ここには謎があると思います。

 

 

このようなことが起こった背景としては、

1. 伊藤光の不調

2. 山本をメイン捕手にはできない

3. 高城は”スタメン”で使えるような状況ではない

ということがあると思っています。

 

伊藤光選手は後半戦から調子が良くなく、打撃ではほぼ投手のような打席内容、守備でも二塁送球がひ弱になっていて、本調子とは程遠い状況です。

 

山本選手は今年から一軍で本格的に出てきた選手で、守備は一級品な選手だと思います。

しかし打撃はあまり良くなく、またリードも今は評価されていますがメインで使うにはまだ怖い面もあって、研究されればすぐに攻略されてしまうのではと思っています。

 

これらメイン捕手2人が危うい状況になってきていて、

特に伊藤光選手の体調が良くないことは大きく、山本選手を伊藤光選手が支えきれるか否か、これまでの伊藤光選手と山本選手の二人三脚が崩れかけている、そんな状況だと思います。

 

メイン捕手2人以外に”スタメン”で使えるキャッチャーが必要な状況になりつつあると思います。

 

メイン捕手2人が危うければ第三捕手の出番!

となるのですがその第三捕手の高城選手は実践から遠ざかりすぎて"スタメン"で使える状況ではない。

 

 

そこで行われたのが高城選手の降格と、戸柱選手の昇格だと思います。

 

実際、メイン捕手2人が万全であれば高城選手の降格の意味も、戸柱選手の昇格の意味も薄かったのかなと思います。

 

しかし、メイン捕手2人が危ういという状況と、実践を積み万全の戸柱選手の昇格、これは意味がある現象だと思います。

 

 

戸柱選手はスタメンで使われるために1軍に昇格してきたのだと思います。

 

伊藤光選手の体調がいきなり万全になったり、山本選手が急に覚醒するなどのことが起きない限り、戸柱選手のスタメンマスクは十中八九あると思います。

 

 

戸柱選手のリードは伊藤光選手や山本選手のリードとはタイプが違うので、こういう状況にならなくても普通に併用しても面白いかなと思いますし、

これからどうなるのか見物だと思います。

 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

国吉移籍後のベイスターズの投手起用

今回は、前回に予告した通り、国吉選手がトレードで移籍した後、ベイスターズの投手起用がどう変化したのかを主題にしたいと思います。

 

まずは、国吉選手移籍前の投手起用についてなのですが、ベイスターズでは第二先発が大きなウエイトを占めていました。

  1~30試合 31~60試合 合計
石田 271 272 543
国吉 154 334 488
山﨑 214 221 435
平田 173 247 420
三上 140 225 365
三嶋 144 220 364
砂田 158 179 337
エスコバー 77 237 314

上の表は、60試合経過時点の中継ぎの投球数をまとめたものですが、

勝ちパターンの三嶋、山崎、砂田、エスコバーの投球数は少なく、

先発が早い回に降りた時にロングリリーフとして登板していた石田、国吉の投球数が多くなっていることが分かります。

 

シーズン序盤は先発陣の調子が良くなく、チームの中でも第二先発が重要な役割になっていたと思います。

 

そんな状況の中で起こったのが、国吉選手のトレードです。

チームで重要だった第二先発の選手を放出したことは、采配にも少なからず影響するだろうと考えられましたし、

そのトレードの影響は大きなものだったと言えると思います。

 

また石田選手も登録抹消、そして先発調整しており、シーズン序盤の第二先発が大きなウエイトを占めていた状況が変わりつつあることは何となく感じられます。

 

 

そこでその変化がどのようなものだったのかを見ていきたいと思います。

  31~60試合 61~90試合
先発 2457 2733 +276
中継ぎ 2181 1717 -464

上の表は、先発と中継ぎ全体の投球数を31~60試合と61~90試合に分けて集計したものですが、

国吉選手移籍前の31~60試合に比べて、国吉選手移籍後の61~90試合の方が、先発の投球数が大きく増加し、中継ぎの投球数が大きく減少していることが分かります。

 

つまり、第二先発だった国吉選手が抜けた穴は先発投手の頑張りによって埋められていたのです。

 

この先発陣が多くの投球数を投げる流れは、三浦監督の野球にも合っていて、ようやく三浦監督らしいチームに近づくことができているのかなと感じました。

 

 

段々とベイスターズが三浦監督らしいチームになってきていて、シーズン序盤の暗いチームの雰囲気も一変した感じで、

今年は難しくとも来年は上位に食い込めるようなチームになってきていると思います。

 

できれば今年もこれから上位のチームに勝ちまくって、上位のチームへの最後の嫌がらせとして、優勝争いを引っ掻き回すチームになったら面白いなと思っています。

 

これからに期待したいと思います!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

投球数から見るベイスターズ 61~90試合【データ保存用】(スマホ非推奨)

みなさんこんにちは。

 

今回は、投球数について見ていきたいと思います。

 

横浜ベイスターズの先発、中継ぎの投球数をそれぞれ集計し、まとめたいと思います。

集計した期間は、61~90試合にあたる6月8日~8月19日です。

 

今回は、データ保存用として、分析は次回以降の投稿に委ねたいと思います。

 

 

また、当ブログでは過去に1~30試合や31~60試合の投球数をまとめたことがあるので、その投稿も参考までに掲載したいと思います。 

 

feelbaystar.hatenablog.jp

 

feelbaystar.hatenablog.jp

 

 

それではご覧ください。

 

・先発(61~90試合)

  1 2 3 4 5 6 合計 平均
今永 108 99 99 82 107 112 607 101.2
坂本 77 97 69 81 96 93 513 85.5
大貫 92 100 97 115     404 101
濱口 138 66 73 120     397 99.3
阪口 80 85 72       237 79
中川 93 71         164 82
上茶谷 102           102 102
有吉 96           96 96
京山 84           84 84
ロメロ 75           75 75
ピープルズ 54           54 54

 

・中継ぎ(61~90試合)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 合計
エス 26 9 16 14 9 15 19 8 14 15 12 5 18 10 16 1 26 21 254
シャ 21 26 21 18 12 17 17 19 25 17 16 2             211
櫻井 12 34 12 38 22 26 24 11 24                   203
山﨑 15 13 11 13 17 9 20 23 14 35 19 11             200
三嶋 9 14 24 13 8 10 15 16 19 12 24 12 21           197
砂田 28 20 30 18 10 5 6 6 3 1 5 9 3 5         149
三上 6 10 14 15 11 9 23 7 10 11 19               135
平田 47 27 25 21 2                           122
石田 18 9 13 23 15                           78
京山 67                                   67
伊勢 13 13 18 2 13                           59
国吉 42                                   42

エスエスコバー

 シャ→シャッケルフォード

 

 

また、1~30試合や31~60試合の投球数も含めた表も載せたいと思います。

 

・先発

  1~30試合 31~60試合 61~90試合 合計
濱口 605 532 397 1534
大貫 483 297 404 1184
今永 0 292 607 899
坂本 186 172 513 871
阪口 381 50 237 668
ピープルズ 0 491 54 545
京山 311 73 84 468
ロメロ 0 321 75 396
中川 0 229 164 393
上茶谷 288 0 102 390
入江 304 0 0 304
平良 139 0 0 139
有吉 0 0 96 96

 

・中継ぎ

  1~30試合 31~60試合 61~90試合 合計
山﨑 214 221 200 635
石田 271 272 78 621
エスコバー 77 237 254 568
三嶋 144 220 197 561
平田 173 247 122 542
国吉 154 334 42 530
三上 140 225 135 500
砂田 158 179 149 486
櫻井 150 0 203 353
シャッケルフォード 26 83 211 320
伊勢 169 78 59 306
中川 28 85 0 113
風張 86 0 0 86
池谷 72 0 0 72
京山 0 0 67 67
笠井 40 0 0 40

 

 

いかがだったでしょうか。

今回は数字を見て楽しんでいただけたらなと思います。

 

 

過去の投稿で、先日ロッテに移籍した国吉選手が投手起用の中心的存在だったということを書いたのですが、

feelbaystar.hatenablog.jp

 

次回の投稿では、その国吉選手が移籍した後、ベイスターズの投手起用がどのように変化したのかということを分析していきたいと思います。

 

その変化は三浦監督らしさが出ていて面白いと思いました。

 

 

では次回をお楽しみに。

 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

不思議な有吉優樹の投球

今日の試合では、有吉選手が移籍後初先発しました。

 

news.yahoo.co.jp

 

結果は、

6.2回96球8被安打3奪三振0四球2失点

でした。

 

8被安打ということで、打ち込まれましたが、その割には投球数を抑えることができ、さらに失点も2点に抑えることができていたことが印象的でした。

打たれて取るというようなピッチングで、積極的に打者が打っていく中でいつの間にかアウトが取れていて、その結果投球数を抑えることができていたと思います。

 

 

投球数を抑えることができた理由には、低い奪三振率と低い四球率があると思います。

 

空振りを奪うための球がないことで、三振を奪えない代わりに四球リスクが下がっていると思います。

 

この低い奪三振率と低い四球率は、ベイスターズの投手陣の一つの流れなのかなと思っていて、

 

feelbaystar.hatenablog.jp

 

過去の投稿の通り、中継ぎ投手限定ですが、今年から低い奪三振率と低い四球率の傾向が見られていました。

先発投手では、有吉選手が初めての低い奪三振率と低い四球率の特徴が出た選手だと思います。

 

三浦監督の先発には長い回を投げて欲しいという理想を体現したような選手なので、これから先発するところをよく見ることになるのかなと思います。

 

 

打たれているのに気づいたら少ない失点に抑えていて、長いイニングを投げている、そんな不思議な投球をする有吉選手。

 

ベイスターズの先発の中では特殊な選手なので、面白いと思います。

 

これからも頑張って欲しいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

紙一重の試合、原監督の采配が一枚上手でした

今日は神宮に行きました。

f:id:numberofpitches:20210703215903j:plain

 

そして今日は訳あってレフト側。

f:id:numberofpitches:20210703215945j:plain

 

今日は身を縮こませながら、またお優しい巨人ファンの方々に囲まれながら、割と自由に観戦することができました。

 (もちろんベイスターズのユニフォームやタオルなどは持ってきていません)

 

 

今日の試合、ベイスターズの先発は阪口投手でした。

今日の阪口投手は、ストレートが走っていて、巨人の各打者からファールを奪えていて、良かったと思います。

四球はあるにしても、ある程度まとまっていて、タイムリーを打たれることはないかなという感じでした。

 

対する巨人の先発はメルセデス投手。

こちらも立ち上がりは荒れ模様で、いつ崩れてもおかしくなかったと思いますが、

宮崎選手の怪我などもあり、打線が寸断されていたベイスターズ打線では点を取ることが難しい状況だったと思います。

 

試合が動いたのは3回の巨人の攻撃。

今日の阪口投手のデキと、巨人の打線の巡り的にタイムリーを打たれるようなことはないかなと思っていた矢先、

丸選手、岡本選手の連続ホームランで一気に二点ビハインドとなりました。

こういう試合は一発がゲームを動かすということがよくあると思います。

 

4回にも一発を浴びた阪口投手は、なんとか3点だけで抑え、中継ぎに繋ぎます。

今日のベイスターズは、中継ぎ投手が圧巻でした。

シャッケルフォード、櫻井、三上、エスコバーと全投手無安打ピッチングで、チームの流れを引き寄せたと思います。

大和&牧の二遊間の好プレーもベイスターズに流れを呼びました。

 

 

そしてついにベイスターズにもチャンスが訪れます。

6回の攻撃です。

ツーアウトランナー一塁で打者はソト、相手投手はメルセデスでした。

その打席でソト選手が二塁打を放ち、一発出れば同点のところで、次の打者は山本選手。

山本選手の打撃は悪くはないのですが、まだ及ばないところもあると思います。

 

そこで三浦監督は代打に伊藤光選手を送ります。

この采配は勝負手として良い采配だったと思います。

代打伊藤光で球場のボルテージも上がり、反撃開始というところで、

原監督は投手交代を選択します

ベイスターズに流れがいきかけたところで投手交代で時間を空け、ベイスターズの流れを止めました

 

結果は伊藤光選手、凡退。

三浦監督も良い采配をしたし、原監督も良い采配をした、しかし原監督の采配が少し上手だった、そのように感じました。

 

 

ベイスターズ打線は、中継ぎの好投に応えるように、その後幾度となくチャンスを作りましたが、2点及ばず敗戦。

f:id:numberofpitches:20210703222327j:plain

 

最後の佐野選手のフェンスギリギリの大飛球まで、ハラハラドキドキが止まらない、そんな試合だったと思います。

 

面白い試合を見させていただきました。

よかったです。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

濱口の球速低下の謎【投球数から見るベイスターズ】

今回も投球数の分析を行いたいと思うのですが、

昨日の試合で濱口選手が炎上したことに対して、以下のような記事が出たので、それを主題にしたいと思います。

 

news.yahoo.co.jp

 

記事の中では、

 普段苦手としている立ち上がりの1回は、2死から小園に遊撃内野安打こそ許したが、無失点で切り抜けた。速球も最速145キロを計測していた。ところが、1点リードの2回に入るとスピードがガクンと落ち、ストレートはほとんどが130キロ台。相手先発投手の玉村に同点適時打を食らうほどだった。

と書かれています。

 

私が注目した点は球速が低下したことです。

 

球速の低下は、ほぼ身体機能の低下と同じ意味をなしていると思うのですが、

そこに投球数との関連があるのではないかと思います。

 

 

それでは、濱口選手の投球数を見てみましょう。

 

  1~30試合 31~60試合 合計
濱口 605 532 1137
大貫 483 297 780
ピープルズ 0 491 491
阪口 381 50 431
京山 311 73 384
坂本 186 172 358
ロメロ 0 321 321
入江 304 0 304
今永 0 292 292
上茶谷 288 0 288
中川 0 229 229
平良 139 0 139

 

この表は、1~30試合と31~60試合の先発の投球数を分けて集計したものですが、

見てみると、濱口投手の投球数がずば抜けて多いことが分かります。

 

開幕からローテを濱口選手が唯一守っているから多くなっているということも言えるのですが、

30試合で500球を超える投球数というのは、去年の例を考えると危険な数字なのかなと思います。

 

 

  1~30試合 31~60試合 61~90試合 91~120試合 合計
大貫 288 390 435 559 1672
井納 287 442 330 443 1502
濱口 551 448 349 85 1433
平良 519 401 0 433 1353
上茶谷 91 230 489 152 962
今永 500 400 0 0 900

 

これは去年の先発の投球数を30試合ごとに集計したものですが、

30試合で500球以上投げた後、平良、今永は故障し、濱口は投球数の減少が起こってしまいました。

 

30試合で500球以上を投げると、故障や身体機能の低下が起こっていたのです。

 

 

今年、濱口投手は、30試合で605球、532球を投げているので、いつ故障や身体機能の低下があってもおかしくないと思っていました。

 

そして昨日の試合、球速の低下がついに始まってしまいました

これから故障離脱があるかは分からないですが、もし故障がなくとも球速低下で成績が悪化することは予想できる状態だと思います。

 

 

国吉選手の放出で更なる先発陣の奮起が期待されるところですが、

先発に投げさせすぎても弊害はあるのかなと思います。

 

昨日、今日で平田選手、京山選手が3イニングを投げ、第二先発的な起用がありましたが、

先発を大事に扱わなければ、故障や身体機能の低下が起こるという心配から、第二先発の戦法もまだまだ必要なのかなと思いました。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

国吉の穴をどう埋めるか【投球数から見るベイスターズ】

今回は、投球数に関した分析を行いたいと思うのですが、

その中でも今回は国吉選手の穴をどのように埋めるのかということを主題にしていきたいと思います。

 

過去の投稿を参照させていただきます。

feelbaystar.hatenablog.jp

feelbaystar.hatenablog.jp

feelbaystar.hatenablog.jp

 

 

まずは、1~60試合のベイスターズの中継ぎ投球数を見ていきたいと思います。

  1~30試合 31~60試合 合計
石田 271 272 543
国吉 154 334 488
山﨑 214 221 435
平田 173 247 420
三上 140 225 365
三嶋 144 220 364
砂田 158 179 337
エスコバー 77 237 314
伊勢 169 78 247
櫻井 150 0 150
中川 28 85 113
シャッケルフォード 26 83 109
風張 86 0 86
池谷 72 0 72
笠井 40 0 40

 

以上は、投球数を1~30試合と31~60試合に分け、その合計を集計したものです。

 

これを見る限り、第二先発を務めていた石田、国吉両選手の存在感が大きかったことが分かります。

石田、国吉は投手起用の中心だったのです。

 

その中心であったはずの国吉選手を放出したとなると、これは投手起用に大きな穴になること間違いなしであることが分かると思います。

 

しかし、その大きな穴を開けてでも進めたいチームとしての方針があってこそだと思うので、何かを得れば何かを失うでしょうがない面もあるのかなと思います。

 

 

四球が少なくストライクゾーンで勝負する投手を揃えたい、または第二先発に頼らない先発陣を構築したいというチーム方針を進めることができる一方で、

国吉選手の放出で投手起用に大きな穴が空いたことも事実で、その解消は別途必要だと思います。

 

その解消策として考えられることは、先発陣の奮起だと思います。

  1 2 3 4 5 6
濱口 95 126 94 105 112  
ピープルズ 92 68 86 98 91 56
ロメロ 82 86 87 66    
大貫 69 84 83 61    
今永 93 92 107      
中川 66 73 90      
坂本 13 70 89      
京山 73          
阪口 50          

 

上の表は、31~60試合の先発の投球数を集めたものです。

 

この表を見ると、この30試合の中で100球以上投げた投手は、濱口、今永の4例のみだったことが分かります。

これはいくら何でも少なすぎるように思います。

 

第二先発の国吉、石田両選手に頼り切りな先発陣だったと思います。

 

今まで国吉選手に頼りきりだった分、何とかここは先発陣に奮起してもらって、国吉選手の穴を埋めて欲しいところだと思います。

 

 

国吉選手の放出があっても、まだ石田選手の存在があり、また櫻井選手もブルペンで控えているので、第二先発の投手起用が全くなくなることはないと思いますが、

以前までのように第二先発の投手起用を中心に据えることは難しいのではないかと思います。

 

そこで先発に頑張って欲しいと思います。

 

 

投球数を見ると、国吉選手のトレードによる損失は思った以上に大きく、今シーズンのこれからを考えるとチームが厳しくなるようにも思いますが、

それでも投手起用の根本は先発投手で、国吉選手が務めた第二先発はその補助的な役割なので、先発投手が独り立ちすれば何も問題はないと思うので、

なんとか先発投手に独り立ちして欲しいところだと思います。

 

なんとか先発投手に頑張って欲しいと思います。

 

今回は以上です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村